■ 名古屋初日満員盛況!

ngy080726a.jpg
ngy080726b.jpg

7月26日の名古屋初日は、『一万年、後‥‥。』の沖島勲監督と、中原翔子さん、高橋洋監督、
そして飛び入りで名古屋出身、総理秘書官役の上馬場健弘君が舞台挨拶。

場内はおかげさまで満員。ホッとしました。

上の写真は、『狂気の海』上映後の中原さんと高橋監督のトーク、というか、観客のみなさんとの質疑応答の模様。
「何であの神官ははじめから浮き輪を持っていたのか?」
「ダーリンと呼ぶのは何故?」
「田口トモロヲさんのキャスティングを思いついたのは?」
等々、客席から切れ目なく飛び出す質問の数々で、劇場が一つになったような爆笑トークとなりました。

初日に駆けつけてくれたみなさま、ありがとうございました。
上映は8月1日まで。どうか、よろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加